「日本最古級の鉄道貨車」が 貨物鉄道博物館に収蔵されました

 三岐線丹生川駅前で、ボランティアスタッフの運営により、全国各地で活躍した様々な鉄道貨物車両の保存展示活動を行っている貨物鉄道博物館では、この度1900(明治33)年に関西鉄道(現JR関西本線・草津線)四日市工場で製造された鉄道貨車を収蔵いたしました。
 この鉄道貨車は、国内で現存する鉄道貨車の中でも最古級といわれており、地元に馴染みのある貴重な産業文化遺産を現地でご覧いただくことができますので、皆様もぜひ三岐電車にご乗車いただき、貨物鉄道博物館までご来館下さい。

(貨物鉄道博物館の次回開館日は、10月1日(日)です。)

 

貨物鉄道博物館について   
開館日 毎月第一日曜日 10:00~16:00(1月のみ第二日曜日)
※屋外の展示車両は常時ご覧いただけます。
入館料  無 料
   貨物鉄道博物館に関する詳しい情報は、公式サイトをご覧下さい。 
     貨物鉄道博物館公式サイト   
http://frm.kans.jp/